2010年には、わずか400人の億万長者が、下から数えて1億5000万人分の合計の富み以上を得ているという。アメリカの気づかない側面に光を当てた意欲作。

原題:Park Avenue: Money,Power and the American Dream
制作:国際共同制作 NHK / Jigsaw Productions / Steps International (アメリカ/南アフリカ 2012年)

WHY POVERTY? 世界の貧困 ~なぜ格差はなくならない~ 特設ウェブサイト
BS 世界のドキュメンタリー 「パーク・アベニュー 格差社会アメリカ」
2012年11月29日 木曜深夜[金曜午前 0時00分~0時50分]
12年12月6日 木曜 午後6時00分~6時50分
13年1月1日 火曜 午後5時00分~5時50分

自由経済を主張する富裕層に支持されるアイン・ランドの著書「ATRAS SHRUGGED」
わずかな支援が必要な人は「タカリ屋」
他人を助けたがる人は「悪者」
自分勝手な振る舞いをするものが「ヒーロー」

高所得層1%(緑)と99%(水色)の所得格差 1917-2007
c596acf7.jpg

所得増加分の階層別分布 1947-1977
875c1090.jpg

所得増加分の階層別分布 1978-2008
1c0d6988.jpg

最富裕層400人の所得は、一般層の1億5000万人に匹敵する
3150b00c.jpg

自由経済を支持する「繁栄のためのアメリカ人会」
45e048d3.jpg
2acd5392.jpg

GDP比に占める税収は低下している
c0205748.jpg

最富裕層ほど低下した富裕層の税率
94ec1155.jpg

ブッシュ減税以降、増大する国債
e8a1db01.jpg
dcc29815.jpg

重役と労働者の収入格差は、1965年の20倍から、2011年には230倍以上となった
99d8cebc.jpg
a61fa705.jpg

動画はこちら(CMが流れます)
http://v.youku.com/v_show/id_XNDg4Nzg3NTY0.html