河野俊嗣・宮崎県知事の後援会が、詐欺容疑で逮捕、起訴された県内の産業廃棄物処理会社の元社長らから2011年に受け取った300万円を、11年と12年の 収支報告書に分散して記載していた問題で、河野知事は5日の定例県議会で、「会計処理に適切でない点があることは大変申し訳ない。おわび申し上げる」と謝 罪した。その上で、速やかに収支報告書を修正する意向を示した。

 知事の説明などによると、後援会は11年7月、元社長らから300万円を 受領した。元社長が「会費として支払いたい」と申し出たことから、今年3月に退職した元政務秘書が会費として納めた形で処理しようと、「みやざき新生の 会」と「河野しゅんじ後援会」の収支報告書に、11年に計50万円、12年に計250万円をそれぞれ記載した。政治資金規正法は、年ごとの収入を報告書に 記載するよう義務づけており、今回の処理は虚偽記載にあたる可能性がある。

 県は昨年3月、同社に対し、別に廃棄物処理法違反があったとして、30日間の施設、事業の全部停止の処分を行った。知事は「同社の元役員から資金提供があったのは事実だが、国の基準にのっとり、厳正な行政判断を行った」と説明。300万円は返還を申し出ている。
2014年09月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun