21世紀的世界

つぶやけない長い話、保存しておきたい話の倉庫

環境

宮崎知事資金処理で陳謝 元秘書は160万円受領 政治資金規正法虚偽記載の可能性も [宮崎県]

2014年09月05日(最終更新 2014年09月05日 13時22分)

 宮崎県の河野俊嗣知事は5日の県議会本会議で、自身の二つの後援会が2011年に県内の産業廃棄物処理会社から一括で受け取った300万円を、元政務秘書が同年と翌年に分けて政治資金収支報告書に記載したことについて「適切ではなかった。大変申し訳ない」と陳謝し、修正する意向を示した。政治資金規正法は年をまたぐ記載を禁じており、虚偽記載に当たる可能性もある。

 知事は同日、元秘書が同社から計160万円を受領していたことも明らかにした。元秘書の知事への説明によると、12年12月から今年3月まで元秘書の個人口座に同社から月10万円、計160万円が振り込まれていたという。元秘書は、同社の元社長らが主なメンバーの異業種交流会事務局の仕事を頼まれ、開催時の飲食代などに金を充てた。会の解散後、残額の約120万円は返還したという。

 同社は13年3月、最終処分場の水質検査記録を改ざんし、県から事業停止処分(30日間)を受けた。知事は処分前に元秘書から柔軟な対応を求められたが、便宜は図っていないと説明。「元秘書が資金提供を受けたことで行政判断を曲げたことは一切ないが、さまざまな臆測を呼び、心よりおわびする」と述べた。

 同社は新燃岳(しんもえだけ)の降灰処理量を水増しし同県都城市から委託料をだまし取ったとして、今年2月に詐欺容疑で元社長が逮捕、その後起訴されている。
=2014/09/05付 西日本新聞夕刊=


新燃岳の降灰収集運搬業務に絡む詐欺事件 - Wikipedia
「担当課や天下り職員の関与など不透明なことが多く、全容解明になかなかいたらないことから、2014年6月、都城市議会は百条委員会の設置に踏み切った。」


ダウンウィンダーズ ~アメリカ・被ばく者の闘い~

NHK ドキュメンタリーWAVE 2014.3.15.
核大国アメリカが「フクシマ・ショック」に揺れている。1月27日、米国である集会が開催された。「ダウンウィンダーズ(風下の人びと)記念集会」。福島 原発事故の直後に連邦議会が制定した記念日だ。参加するのはネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくした米市民。フクシマ報道に接した住民たち は、被災者を自分に重ね合わせた。自分たちも政府から十分な情報を与えられないまま、被ばくしてしまったからだ。被ばくの影響と疑われる症状に苦しみなが ら、補償されないまま亡くなる住民も多数いる。フクシマを契機に「真実を知りたい」と声を上げる米市民の姿を追いながら、アメリカに残された「知られざる 核被害」の傷あとをみつめる。

NHK Special

 ネバダ核実験場から 600km 離れたソルトレイクシティー
Screenshot-20
Screenshot-21
Screenshot-19
Screenshot-22
Screenshot-26
Screenshot-23
Screenshot-25
Screenshot-9
1-全画面キャプチャ 20140317 01903

 ネバダ核実験場から北へ800km。もっとも汚染された地域の一つ。アイダホ州ジェム郡。
01-全画面キャプチャ 20140317 01942
03-全画面キャプチャ 20140317 02333
04-全画面キャプチャ 20140317 02339
05-全画面キャプチャ 20140317 02344
06-全画面キャプチャ 20140317 02354
11-全画面キャプチャ 20140317 02847
12-全画面キャプチャ 20140317 02856

 1990年 放射線被ばく補償法(RECA)が成立。
 核実験場周辺の住民3万人が500万円の補償を受けた。
 2000年に一部補償が拡大されたが、ソルトレイクシティーやアイダホ州は依然、補償外のまま。
09-全画面キャプチャ 20140317 02536
Screenshot-4
Screenshot-7
13-全画面キャプチャ 20140317 03255
 骨髄異形成症候群は日本の原爆被爆者にも広がっている。
Screenshot-8
 保険の効かない薬は高価で、支払いのために何もかも売り払った。
Screenshot-11

 ソルトレイクシティー
19-全画面キャプチャ 20140317 03806
20-全画面キャプチャ 20140317 04314
Screenshot-2

 被曝者が求めるRECA改正法は審議されることなく廃案になった。

Screenshot-9
Screenshot-10
1-全画面キャプチャ 20140317 05254



ダウンウィンダーズ アメリカ・被ばく者の闘い 投稿者 tvpickup


追跡 アフリカゾウ密猟最前線

主に日本に関わる部分を記事化しています。動画は記事の最下部です。

7年前、大阪で、2.8t、130頭分の象牙密輸が摘発された。
1-全画面キャプチャ 20140409 191931
1-全画面キャプチャ 20140409 192004

1970年からの20年で、アフリカ象は270万頭から60万頭に激減した。
原因は日本の大量消費。象牙の
2/3は日本で消費された。
1-全画面キャプチャ 20140409 175711

1989年、ワシントン条約で象牙取引は全面禁止となり、アフリカ象の個体数は回復傾向にあった。
しかし、1999年の象牙合法取引再開がきっかけとなり、密猟が増加。総個体数の一割近くである3万頭が一年間に密猟されている。合法象牙、密輸象牙は共に中国と日本に送られている。
1-全画面キャプチャ 20140409 182208
1-全画面キャプチャ 20140409 175043
1-全画面キャプチャ 20140409 182232

ソマリアを根拠地とするテロ組織で、2013年、ケニアの首都ナイロビの商業施設で、39人が死亡する襲撃事件を起こしたアッシャバーブの活動費用の40%は密猟による収益から得ている。
1-全画面キャプチャ 20140409 181350



追跡 アフリカゾウ密猟最前線
  放送: 4月 5日(土)22:00~22:49
 再放送: 4月 9日(水)17:00~17:49
アフリカゾウが絶滅の危機に瀕している。一昨年、1年間で殺されたのは総個体数の1割近くに上るおよそ3万頭。象牙目的の密猟が大きな原因だ。日本は象牙の消費国だが、果たして象牙はどのように密猟され、どのようなルートで市場に流れているのか?ケニアで取材を進める取材班が出会ったのは、密猟象牙を海外に持ち出そうとして逮捕された中国人女性だった。浮かび上がる巨大マーケット中国へのルート。そしてもう一つ驚くべき事実が浮かび上がってきた。密猟象牙がソマリア南部に拠点を置くイスラム原理主義組織の資金源となっているというのだ。密猟の背景から見えてくる現代の世界の構図…。取材班は密猟者との接触を試みる。

NHK ドキュメンタリーWAVE 追跡 アフリカゾウ密猟最前線 投稿者 tvpickup



運命の逆転_160-600
  • ライブドアブログ