21世紀的世界

つぶやけない長い話、保存しておきたい話の倉庫

ツーリング

久しぶりのバイク

寒波が緩んだので久しぶりにバイクで走った。快晴。
彩都から山に入ったところで、もう雪が積もっている。
いつも、北上するかどうか決めている辺りで、それなりに積もっていたのでUターンした。

しばらく走るともう少し、雪が積もりやすいところがあって、以前、圧雪になっていたことがあったので無理しない。大きなバイクで雪の上を走るのはかなりこわい。

7daceafc.jpg

63f5d0cf.jpg

f368fd63.jpg


2011-05-20 丹後半島一周

http://yj.pn/NBnICn 実際は大阪発着ですが、まぁ、こんな感じで。

  経ヶ岬では駐車場から灯台までの400mの登りで息は上がるし、戻る時には足もガクガク。
  たどりついた灯台で「海の向こうは大陸だなぁ」と思って、家に帰ってから地図を見たら、海の向こうはナホトカ、ウラジオストック。両方とも緯度は札幌と大して変わらない。もっと寒そう。

  その後、琴引浜に寄ったのですが、やはり息が上がってハァハァいいながら海岸を歩き回ってました。ちなみに私は看板で「琴引浜」というのを見て、どっかで聞いたような気がすると思って行っただけで、泣き砂のことはすっかり忘れていました。

  ちょっとした運動でとんでもなく疲れたツーリングでしたが、後で考えると、起き抜けにヨーグルトとバナナを食べただけで4時間走り、伊根で助六寿司。日差しが強く気温も上がったので、登山でいう「シャリバテ」だったよう。

丹後半島で熟年カップルを見て考えたのがブログ記事「ディスカバー・ジャパン 美しい日本と私」です。

ER-6n 386.5km 26.0km/ℓ 亀岡-丹波間の京都縦貫自動車以外、あまり信号のない一般道で好燃費。
※ ERの最高燃費は大阪-金沢 300kmを 4,000rpm 90km ぐらいで走って 30km/ℓ 越え。

2011-05-06 大山、人形峠

  調べてみると大阪から大山まで高速で 200km ほど。気楽に行けそうなので、2011.05.06 軽く走ってきました・・・と言いたいところですが、結局、トータル 657km のツーリングになってしまいました。

  コースとしては山道を中心にしたかったので、本当は中国道佐用から人形峠を通って、大山に行きたかったのですが、大山での混雑を避けるために、まず最初に大山に向かい、のんびり戻るようにしました。

  4:30頃出発。道は空いていて、吉川JCT を過ぎたころには車密度は1kmに一台もないぐらい。昔はガラ空きの高速を走っていると「後ろから猛スピードのスポーツ・カー」というイメージがあったのですが、最近、無茶に飛ばしている車やバイクに出会わないですね。なんでだろ。

  しかし、寒い。5/2は山梨で結構暑かったので、太陽が昇ると大して防寒はいらないと予想して春秋ジャケにしたのですが見事に裏切られました。兵庫県西部から岡山県にかけて曇っていて気温は上がらず、結局、一日中肌寒い中を走っていました。中国道はずっと平凡な風景が続きますが、米子道を蒜山までくると蒜山、大山が見えて、一気に観光道路化。黄砂がなければ最高だったでしょう。

  7時前ぐらい?には大山に最も近い溝口IC到着。ガソリン補給したかったのですが、ガソリンスタンドがまったく無さそうなところ。集落まで戻ったり、国道の24時間営業を探すのも面倒だったのでそのまま山に向かいました。溝口から大山寺付近までは早いです。駐車場にバイクを止めてビデオ撮影したりしている時に出会った人とそのまま大山神社奥宮あたりまで一緒に登りました。
a408d38c.jpg

  あちこち残雪がありますが、野麦峠、富士、八ヶ岳を走った後なので見慣れてしまいました。しかし、5月で雪が融けないのは、やはり、冬場の積雪量がすごかったということでしょう。戻って、大堰堤までいく林道を探してみたのですがわからなかったので米子まで降りてガソリン補給です。

  山に戻り、「大山環状道路一周」。酪農地帯、普通の集落、何もない舗装林道、リゾート地帯と様々楽しめます。一周したらそれなりに疲れたので、K54を降りて海岸に出ました。その後、R9を東に向かい、R313で人形峠に向かうつもりだったのですが、山陰道などが交錯していて、どのようにはしっていいのかよくわかりませんでした。

写真2枚は大山支峰の船岡山。大山自体も崩れやすい岩の山。
205cbdd1.jpg
67d2923e.jpg
0f25264f.jpg

  自動車専用道のR313を間違えて北に走ったりしながら、R179を人形峠に向かいます。R179は快走路。人形峠の展示館を見学してからはR482を快走。この道の西側は集落もほとんどないので走りやすいです。鳥取砂丘まで20何キロという標識を見て、時間に余裕があるので思わず心が動きますが、今日はそれなりの距離を走ることになるのと、帰りの中国道の渋滞を懸念して今日のところは断念です。

  佐用-鳥取を結ぶR53を南下します。断続的に無料高速がありますが、佐用に近いところで標識に惑わされて遠回り。あげくに入口の標識を見て入ったら北行きのみの入口! まぁ、最初に間違えたところを確認できたらいいんですけどね(涙)。出口でUターンして後は帰るだけ。渋滞は西宮北-宝塚西8km。ほとんど信号のない快走路をたっぷり走った一日でした。

中国池田-溝口  222.7km
米子道溝口ICから中国道佐用ICまでの下道 288.1km
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=05817868ec87b233fc456aeb831dd950
※ ルートラボの仕様で長距離のルート設定ができません。
佐用-中国池田  109.8km
トータル 620.6km
GSごとのトリップ・メーターによる走行距離 657km 24.6km/L。
全般に信号少なく、比較的控えめに走って燃費良好。


運命の逆転_160-600
  • ライブドアブログ